ウサウサずのお部屋   

2007年 1123日>
1122日にお迎えしたこゆきです。
生後24日で390g。
餌はチモシー(牧草)とバーニーベーシック・グロース。
これはペットショップで与えていた内容です。原則として、ウサギは特異な消化システム上、餌を急激に変えることは禁忌です。ですからショップで与えていた内容を維持しました。

我が家は小ぶりのマウスを使っています。
こゆきの大きさが分かるでしょうか。
1127日。生後37日)
この時期はまったく物怖じしませんし、340cmの高さなら飛び上がります。

11月なので、室内暖房していても底冷えがします。
床に1畳用ホットカーペットと毛布を敷き、サークルをビニールで囲い、その上からベッドパッドを覆いにしています。底冷えと隙間風防止です。
獣医さんからは、40度を保つように指示されています。
親ウサギの体温は3940度だからです。
これだけの設備でも、サークル内の室温が保てないので、急遽遠赤外線ヒーターを購入。サークルの外から暖める事にして、やっと温度をクリアする事ができました。
やはり子ウサギを迎えるのは、春過ぎてからが無難でしょう。

2007年 1122日>
お迎えした夜の初ご対面。
シジミは、なんだろうと興味は示しましたが、この後しばらくこゆきを無視する様になります。
獣医さん曰く「こんなのいない」つもりのようです。
一方のこゆきは、もうシジミが気になって仕方がない。
ついこの間まで、他の子ウサギと一緒だったのでしょうから、そばに行きたいのでしょう。大きなウサギは、全て母親だと思っているのかもしれません。


back  next
2